プロフィール

浦田保親 うらたやすちか

1967年 観世流職分 浦田保利の次男として生まれる
父 故・浦田保利、大槻文藏に師事。

重要無形文化財総合指定保持者

(社)京都観世会理事・京都能楽会理事を勤める。
「浦声会」「ちかの会」等主宰。

3歳で、初舞台・仕舞 「春榮」、以後数多くの子方(子役)を演ずる
10歳で、初シテ「猩々」
その後、「石橋」「猩々乱」「道成寺」「望月」「翁」「安宅」等の大曲を演ずる。

イギリス・アメリカ・ギリシャ・モンゴル等、海外公演にも多数参加
1994年、兄保浩や同年代の囃子方や狂言方たちと、メンバーの技芸の向上と能狂言の更なる普及を目的に、能狂言グ ループ「心味の会」を結成。
わかり易い解説をつけた能狂言公演や、照明を使った演能、英語に よるセミナー、学校や幼稚園での講演、実演・体験を交えたワークショップ等各地での開催。
1999年にスペインの国際音楽祭に「心味の会」として参加するな ど、2009年まで活動。

「能への橋がかり」と題した能楽体験講座を、各地にて開催。

2005年、京都芸術センター主催「継ぐこと伝えること番外編」にて 様々なジャンルの方々とのコラボレーション演劇『青頭巾』に主演。

脇田晴子氏作詞による新作能「石見銀山」「問わず語り」を手がけ るなど、幅広く活動。

また、札幌・大垣・京都・堺・神戸・奈良・松江に教室をひらき、 愛好者に指導。

京都橘大学能楽部の講師も務めている。

本人よりコメント

「力」と「心」を大切に!
舞台で演ずるにあたり、どのような曲でも、またどのようなお役でも、どちらも欠く事はできません。

「力」みなぎる「心」を、「心」あふれる「力」を、表現していき たいです。

浦田親良 うらたちから

1996年 浦田保親の長男として生まれる。

3歳で初舞台、以降多くの子方を演じ、2008年、子方の大役である「烏帽子折」を勤める。

2009年、「猩々」にて初シテ。

現在、高校に通いながら、能楽師になるべく稽古中。